【副業せどり】せどろいどの設定と使い方

 

せどりに関するアプリは店舗せどりやAmazonせどりに

大きなメリットをもたらします。

 

便利な機能も多いため、せどりの作業サポートしてくれる

重要な役割をになっているといっても過言ではありません。

 

 

 

今回はそんなせどりを楽にしてくれるアプリの中から

アンドロイド専用の「せどろいど」について解説します。

 

 

 

類似アプリでせどりすとがありますが、

こちらはアイフォン専用のため、アンドロイドユーザーは使えません。

 

 

 

使い方はほとんど一緒ですが

今回お伝えするポイントを抑えればすぐに使うことができます。

 

実際の使い方や応用的な使い方などを

画像も使って説明していきます。

 

 

 

 

1.せどろいどとは

 

せどりすと同様、スマホひとつでリサーチでき、

カメラでバーコードを読み取って商品を検索したり、

モノレートにすぐ飛べる機能があるので、

店舗せどりやAmazonせどりにおいて必須アプリといえます。

 

 

 

基本的な役割としては以下の点になります。

 

バーコードの読み取り

・商品検索

・粗利計算設定

・アラート設定

・仕入れ、在庫の管理

・Amazon新API対応

 

 

 

アプリでここまでフォローできるので非常に便利です。
まだ、せどろいどをダウンロードしていない

アンドロイドユーザーは、ダウンロードしてください。

せどろいどをダウンロードする

 

 

 

1-1.設定とアイコンについて

 

せどろいどをダウンロードしたら

せどろいどのアイコンをタップして、せどろいどを開いてください。

 

せどろいどを開くと以下の画面が出てきます。

 

 

使い方はシンプルです。画面上部にある3つアイコンを使います。

 

・左にあるロボット

・右から2番目にあるメモ帳

・一番右にある虫眼鏡

 

 

リサーチをするときは虫眼鏡のマークをタップします。

 

タップするとカメラが起動し、バーコードを読み取れます。

他のリサーチツールに比べてバーコードの読み取りが早いのが

せどろいどの魅力です。

 

 

 

連続で読み込んで、あとで見返すこともできるので、

一店舗あたりのリサーチ時間が圧倒的に短縮できます。

 

 

 

次に、メモ帳のアイコンですが、タップすると以下の画面が表示されます。

 

 

主な役割としては、読み取った商品リストを削除したり、

再度読み込みすることができます。

 

その他、商品リストをメールとして送付することもできます。

 

 

 

最後にロボットのアイコンですが、タップすると以下の画面が表示されます。

 

 

ここで細かい設定や在庫リストの管理ができます。

 

細かい設定をすることで

自分好みのリサーチツールにすることもできるので

非常に重要な役割を担っています。

 

その他、キーワード検索もできます。

 

 

 

では、実際にどのように設定をするのか

画面を使いながら説明していきます。

 

 

 

 

 

1-2. 設定方法

 

 

設定方法は少しややこしいと感じる方もいるかもしれませんが、

リサーチの質を高めて、時間短縮にもつながる設定です。

 

ひとつずつ説明するのでしっかりと取り組んでください。

 

では上から順番に解説していきます。

 

 

 

API設定

設定画面の下の方にAPI設定を行う場所があります。

 

 

APIを設定してあげることで自身のアカウントとひもづけることができます。

 

そうすることで出品制限商品が確実にわかり、

不良在庫を仕入れる可能性を減らすことができます。

 

 

 

最初の時点ではAPI利用「利用しない」に設定されています。

 

 

利用しないから「MWS-API」に変更します。

 

 

 

次にMWS-API情報の設定をします。

 

MWS-API情報設定をタップすると、

以下の項目が設定できます。

 

・出品者ID

・AWSアクセスキーID

・秘密キー

・マーケットプレイスID

 

 

 

全ての項目を入力したら、MWS-APIテスト

API情報が利用できているかどうか必ず確認してください。

 

 

 

ちなみにそれぞれのIDの取得方法はセラーページで確認できます。

 

MWSへ登録して、IDを取得したい方はこちら

IDを取得する

 

 

 

MWSの登録方法、IDを取得するまでの流れは以下の通りです。

 

・上記のURLへ接続し、

右にある「Amazon MWSの登録または管理」をクリック

 

・サインインする

 

・「出品用アカウントでマーケットプレイスWebサービスを利用します」

 

を選択して次へ

 

 

 

・「カタログ情報を送信するにあたり、

全ての商品は禁止商品ではないことを誓約します」

にチェックして次へ

 

・IDが表示されて手続きが完了します。

 

手続きが完了した後は

せどろいどのMWS-API情報設定で、IDなどを入力します。

 

 

 

 

 

1-3. 出品アカウントタイプ

 

MWS-API情報設定が終わったら、

自身の出品アカウントタイプを設定します。

出品アカウントタイプをタップすると、以下の画面がでます。

 

 

 

 

最初は「小口出品者」に設定されています。

 

小口出品者の方はそのままで良いですが、
大口出品者の方は、出店型出品者に設定します。

 

 

 

多くの方は大口出品で販売されているので、

出店型出品者にチェックを入れていくことになります。

 

 

 

もうひとつ、「プロマーチャント」がありますが、

現在は存在しないものなので、気になくて結構です。

 

 

 

1-4.粗利計算設定

 

粗利計算設定をしておくことで

その場で正確な利益計算ができるため、

仕入れた後に実は利益がなかったといったトラブルを回避できます。

 

 

粗利計算をするときに基準となる数字は最安値です。

 

ここをタップすると以下の選択肢を選べます。

 

・新品・中古含む

・中古のみ

・新品のみ

・新品カート(とれない場合新品のみ)

 

一番上の「新品・中古含む」は、

すべての形態が対象となるため、正確な情報を読み取ることができません。

 

 

 

実際に設定する場合は、新品のみか中古のみです。

 

自身の扱うジャンルなどによって自由に変更できます。

 

 

 

ちなみに、新品カートに設定しておき、

タイトル画面のすぐ下にでてくるメニュー画面で、
中古と新品の価格を確認すれば、
新品カートの価格、中古の価格、新品の価格の3つを知ることができます。

 

 

 

この設定なら、全部の価格を見ることができるので、

参考までにお伝えします。

 

ただ、慣れるまではどちらかにしぼって相場観を掴んでください。

 

 

 

1-5. 取得コンディション設定

 

 

FBAを利用しているライバルせらーの動向は常に気になります。

 

この取得コンディション設定をしてあげることで

1画面で簡単に比較できるため、リサーチの時短につながります。

 

 

 

新品商品のライバルの最安値を知りたい方は、

FBA優先取得(新品)にチェックを入れてください。

 

 

 

中古商品のライバルの最安値を知りたい方は、

FBA優先取得(中古)にチェックを入れてください。

 

 

 

設定に関しては以上で終わりになります。

 

設定をしたあとは実際に使ってみましょう。

 

 

 

2.使用方法

 

せどろいどの設定が完了した後は実際にリサーチをしていきます。

 

リサーチをするためにはまず自身の狙う商品ジャンルを決めておきます。

 

ランダムに目についた商品を片っ端からリサーチするのも良いですが、

それでは自身のリサーチ力は上がりません。

 

 

 

その日の目標をしっかりと立てて、どういったジャンルを攻めるのか、

また、どうしてその商品をリサーチしたのか

リサーチ終了後に自身のスキルアップにつながるように心がけて

リサーチしてきましょう。

 

 

 

リサーチをするためにはまず対象商品の情報を得る必要があります。

 

トップ画面にある虫眼鏡のマークをタップ後、

対象商品のバーコードを読み込みます。

 

 

 

読み込みが完了するまで1秒もかかりませんし、

連続で読み込んでおいて、車に戻ってからじっくりと選別しても良いです。

 

とにかく繰り返し使って、慣れてください。

 

 

 

実際に商品を読み込んだ後に表示されている内容は、以下になります。

 

・新品の個数と値段

・中古の個数と値段

・レビューと評価(★の数)

・モノレート

・Amazon

・仕入れ

・詳細

・関連検索

・新品の出品

・中古の出品

 

 

 

先ほど、設定をしたおかげで商品画面には粗利も表示できます。

 

そのほかにもライバルの値段をみることができます。

 

 

 

読み込んだ後に仕入れできそうな商品については

「仕入れ」をタップするだけで在庫リストに移動させることができます。

 

 

 

「Amazon」からは、商品画面に飛びます。

 

「詳細」は、その名のごとく商品の詳細を確認できます。

 

「関連検索」はその商品に関連する商品を表示します。

 

「モノレート」は、モノレートの画面に飛びます。

 

 

 

モノレートで売れ行きと価格の推移をしっかりとすることで

商品が売れているか売れていないのかを確認できます。

 

 

 

グラフの変動が激しく、線が動いている商品は売れている証拠です。

 

逆に緩やかな場合は、売れていない商品と判断する材料になります。

モノレートをしっかりと読み取れるようになると

 

安定的に収入を得ることができます。

 

 

 

 

店舗せどりやAmazonせどりをするうえでリサーチ用アプリは必須です。

 

無料版でも十分な機能を搭載しています。

 

価格や売れ行き、粗利までも一つの画面で瞬時に確認することができます。

 

 

 

当然、どんなに優秀なアプリでも有料版のものを利用しても、

しっかりと使いこなせなければ意味がありません。

 

 

 

当然、有料版の方がリサーチの効率はあがりますが、

無料版で使い方に慣れて、

売り上げも上がってきてから導入を検討しても十分です。

 

 

 

そのためにはまず使い慣れておく必要があります。

 

スマートフォンに入れておき、普段の買い物ついでにかざしてみたり、

1日5分でも10分でも良いからどうしたら売り上げを伸ばすことができるか

考える時間をつくる。

 

 

 

実際に店舗を回る際はその日の目標、

見るポイントを決めて振り返りも行う。

 

小さな積み重ねがリサーチの時間短縮につながります。

 

 

 

地味な作業の繰り返しで飽きてしまうかもしれませんが、

しっかりと続けていきましょう。

 

 

 

3.まとめ

 

せどろいどをしっかりと使いこなすためには

正しく設定することが肝になります。

 

わかりにくい表現もあったかもしれませんが、

なんども読み返して、確実に設定をし日々のリサーチに役立ててください。

 

 

 

すぐに副業せどりを極めるなら!

 

副業はとにかく時間がありません。

 

なので、副業せどりをやるなら
「電脳リピートせどり」でなくてはいけません。

 

その中でも、

超高回転で売れキャッシュフロー抜群の
【ヘルビせどり】がオススメです。

 

 

超高回転で資金が積み上がっていく秘密を、
LINE@ご登録でプレゼントしています♪


【即月収10万円ヘルビマスターマニュアル】


がすぐに受け取れますので、ご登録くださいね!

 

副業せどり ヘルビせどり