店舗せどり

店舗せどりから始めよう!


店舗せどりは外出して店舗を回るため、交通費と時間がかかります。

 

コレに対して、電脳せどりはインターネット上で仕入れるため、
自宅に居ながらにして仕入れができて、自宅に配送されるのが特徴です。

 

そのため、せどらーの間でも、店舗せどりは大変で、
電脳せどりは楽ちんというイメージがあります。

 

ただ、電脳せどりは全国のせどらーが仕入先として利用するため、
誰の目にも留まるような大々的なセールで仕入れると、
すぐに価格競争が起こってAmazonの価格も下落します。

 

その点、店舗せどりは地域限定のショップがたくさんあり、
また店舗独自のセールもたくさんあるため、
電脳せどりと比較して価格競争が少なくなります。

 

また、店舗を回ることによって、市場の動きや平均価格が見えたり、
販売店舗の考えを理解できたりして、その後のビジネスにとても役に立ちます。

 

せどりを始める場合、

まずは店舗せどりから始めてみましょう。

 

 

スマホアプリを活用して利益を得よう!


スマホアプリで市場調査しよう!


商品を仕入れる場合、実際にAmazonで販売した際に利益が出るかどうかを、

各商品のAmazonの価格やランキングなどから確認する必要があります。

 

スマホアプリを利用すると、仕入れの際にスピーディに商品調査できます。

 

オススメのスマホアプリを紹介していきます。

 

「せどりすと」&「せどろいど」


「せどりすと」と「せどろいど」は、
商品の最安値やランキングを
確認することができるアプリです。

 

商品についているバーコードを読み取ることで商品データを表示し、
そこから直接商品のAmazonページやモノレートに飛んで、

Amazonの価格やランキング、出品者数、過去の販売実績などを
確認することができます。

 

また、仕入れリストを作成できる機能が備わっているので、
利益の出る商品などをまとめてリスト化しておくことができます。

 

「せどりすと」と「せどろいど」の基本的は使用や使い方はどちらも同じで、
IPhoneなら「せどりすと」、Androidなら「せどろいど」になります。

 

「せどりすと」 ⇒ DLページはこちら

「せどろいど」 ⇒ DLページはこちら

 

ぜひ活用してみてください。

 

Amazon公式アプリ


Amazonの公式アプリも仕入れの際に、必須のアプリとなります。

 

商品のバーコードだけでなく、商品のパッケージからカメラ検索で
商品を特定する機能
があるので、商品のバーコードが隠れていたり、
ガラスケースの中でバーコードが読み取れない場合などに活用します。

 

IPhone ⇒ DLページはこちら

Android ⇒ DLページはこちら

 

こちらも店舗せどりでは、有効なアプリです。

ぜひ活用くださいね。

 

 

商品を仕入れるかどうか、何個仕入れるのか判断する場合、

「モノレート」という、無料サイトを活用しましょう。

 

モノレート ⇒ こちらからどうぞ!

 

 

モノレートは、Amazonランキングの推移や価格変動、
出品者増減、過去の販売実績などを分かりやすく表示しており、
該当商品のAmazonページへ直接リンクしています。

 

このモノレートを活用し、仕入れ対象の商品が

「利益が出ること」「売れること」を確信した上で仕入れるようにします。

 

仕入れ判断の流れ


利益が出るかどうか見極めるためには、Amazonで販売するときにかかる

販売手数料やFBA手数料などを把握する必要があります。

 

また、売れることを見極めるには、ランキング変動や出品者数増減などを
把握する必要があります。

 

これら全ては、モノレートから確認することができます。

 

仕入れ判断の流れは、次のとおりです。

 

①商品を特定する

↓ ↓

②モノレートで見込み利益を確認する

↓ ↓

③モノレートで商品のランキングを確認する

↓ ↓

④モノレートで最低出品価格の変動を確認する

↓ ↓

⑤モノレートでライバル出品者数の増減を確認する

↓ ↓

⑥モノレートで過去の販売実績を確認する

↓ ↓

⑦仕入れ可否を判断する

 

 

順序に沿って、正しく確認していけば
確実に売れますし、不良在庫を抱える不安はありません。

 

しっかり確認して、利益を出していきましょう。

 

 

店舗のクセをつかもう

 

店舗のクセとは


店舗で仕入れのできないせどらーの多くは、

店舗のクセをつかんでいないことが原因です。

 

店舗のクセをつかんで、仕入れに困らなくなりましょう。

 

仕入れする店舗にもそれぞれ特徴があります。

利益の出やすいジャンルは何か、どの売場に目玉商品が置いているかなど、
店舗によってさまざまです。

 

これを「店舗のクセ」と言います。

 

店舗のクセを意識して、それをつかめるようになると、
仕入れ成功率が大きく上がります。

 

【意識すべき店舗のクセ】

 

・店舗の目玉商品の陳列場所が定かっている

・利益の出やすい商品のジャンルに特徴があるか

・格安商品の値札に特徴があるか

・ワゴンセールは利益がでやすいか

・セールを行うに日程に規則性はあるか

・商品を新しく入荷する時期に規則性はあるか

・一人あたりの購入制限はあるか(一人◯個まで)

 

売場のクセをつかもう

 

次に売場のクセについて、お伝えします。

店舗ごとに、売場にも大きな特徴があります。

 

例えば、ある店舗で

 

「生活家電の処分品がレジ前のカウンターに
集められて販売することが多い」


と気づくことができれば、

レジのカウンターをリサーチすることで、仕入れ確率が上がります。

 

また値札のつけ方も店舗によって違います。

 

この値札は安くなってない、この値札は大幅割引されている、
などを把握できるようになります。

 

通常の陳列棚も上から下までじっくりリサーチしてみると
面白いことに気づくことがあります。

 

旧型の処分品をお客さんが届かないような最上段に置いてあったり、
目の留まりにくい最下段に陳列してあったりします。

 

また目立つところに処分品コーナーを作って陳列している店舗もあります。

 

「早く処分したい」、「安くせざる得ないけど目立たせたくない」など、
それぞれの店舗の思惑が商品の陳列に現れます。

 

こうしたクセを見抜くことで仕入れが安定しますし、
なによりせどりが楽しくなりますね。

 

こんな店舗のクセをつかもう


★商品が補充されるタイミングを知る

 

商品の入荷時期は、定員さんとの会話からある程度推測できます。

 

「◯◯はいつ入荷しますか?」


と聞けば、

入荷が決まっていれば教えてくれます。

 

決まっていなければ、入荷次第電話をもらえる可能性があります。

 

★他店の在庫が集まる店舗を知る

 

大型チェーン店などは、各エリアごとに他の店舗で
売れなかった在庫を集めて安く販売する店舗があります。

 

各地域に「◯◯本店」という店舗が存在しますが、
本当の意味での本店ではなくそういう意味で本店と呼ばれています。

 

他店から集まってきた売れ残った商品は、大幅に値下げされることが多く、
Amazonなどに出品すれば高値で売れる商品が見つかることがあります。

 

こんな内情も、実は店員さんに聞くと教えてくれます。

 

ということは、店舗せどりで成功するためには、

 

【店員さんと仲良しになる】


って、すごく大事なことです。

 

一般的にせどらーは嫌われる傾向にあるので、
店舗や店員さんの気持ちも考えてやっていきましょう。

 

ライバルの少ない商品を狙おう

 

ライバルが少ない商品とは


ライバルが少ない商品とは、せどらーが注目していない商品です。

 

ライバルが少ないと価格競争が起こりにくく、安定して利益を得れます。

 

今回は2種類を例に挙げて、お話しします。

 

大型商品を狙おう


いかに新品といえども大型商品は、店舗から持ち帰るのに苦労します。

 

特に都会ほど公共手段が普及しているので、車を持っていないせどらーも
多く存在します。

 

また配送も可能ですが、1個につき送料がかかります。
さらにそれを大量に自宅に届くと置き場所がありません。

 

そのため大型商品に注目しているせどらーは少なく、
Amazonでの出品も少なくなります。

 

しかし、大型商品は高利益で高回転で売れる商品がたくさんあります。

 

店舗では型落ち商品や季節商品が大幅ディスカウントされることも多く、
1個で1万円以上の利益を得ることもあります。

 

特に大型商品の売れ行きが悪いスーパーや、ディスカウント品が並ぶ
ホームセンターなどでは、高利益を得られることが多いです。

 

大型商品の仕入れには、自動車を使った仕入れが可能で、
FBAに発送するまでの置き場所が確保できるのであれば、
ライバルが少ない大型商品で稼ぐことができます。

 

あえてランキングの低い商品を狙う


Amazonランキングの低い商品は「売れない」思われがちですが、

ランキング上位の商品よりも、

 

ライバルが少ないランキング下位の商品のほうが
早く売れることが多々あります。

 

例えば、価格競争の相手となるライバルが20人いるランキング10000位の商品よりも、
ライバルが1人しかいないランキング70000位の商品の方が早く売れたりします。

 

販売機会がどれだけ自分に向くか、ということを考えながら仕入れするといいですね。

 

展示品で高利益を得る


店舗で展示品を仕入れると、状態によっては新品として出品できます。

 

新品と中古の境目で利益を得るので、仕入れのポイントをお話しします。

 

展示品の状態を見極めよう


店舗では通常価格より安く並んでる「展示品」があります。

 

商品が箱から出されて展示されてたり、箱からは出てるけどガラスケースの中に
展示されているもの、さらに箱に入ったまま未開封なのに展示品扱いなど、
展示品といっても、状態はまちまちです。

 


そこでAmazonで新品として出品できる状態か、見極める必要があります。

 

★商品が箱から出ている場合


商品が箱から出されている場合は、お客さんが手に触れたり、試しに使用したりしています。

 

そのため商品自体に傷や汚れ、指紋などがあることが多く、新品では出品できません。
これを新品で出品するには、かなり慎重な判断が必要です。

 

目視でよく確認し、新品と同じ状態に見えるものだけ新品で出品します。

少しでも使用感があるものは、トラブルやクレームの元になり、
最悪Amazonよりアカウント停止という厳しい処分が下ります。

 

くれぐれも新品で出品しないようにしましょう。

 

★ガラスケースの中に展示されている場合


箱から出されているけど、ガラスケースの中に展示されている商品は、

ほぼ人の手に触れられていないので、大抵キレイな状態です。

 

この場合、仕入れる際に商品を拭いてもらうなどすれば、
新品として出品できる場合が多いです。

 

外箱も色あせていないことも条件になるので、その辺もチェックしましょう。

 

★外箱に難があるが未開封の展示品


商品が箱に入ったままの未開封品で、外箱の状態が悪いため

展示品と記載されている場合、外箱に多少の汚れやスレなどがあっても
新品で出品しても問題ありません。

 

ただFBA混合在庫にせずに、出品登録の際にコンディション説明欄にて

 

「新品未開封ですが、店頭在庫品につき、外箱に若干の汚れなどがあります。」

 

というように、外箱の状態に合わせて説明しておけば問題ありません。

 

ただし、箱が大きく破れていたり、明らかなコンディション不良は、
Amazonへの納品時に新品として認められず、返送される場合があります。

 

くれぐれも注意くださいね。

 

ほぼ新品で出品しよう


これまでお話ししてきたように、店舗で展示品を仕入れる場合、

Amazonに新品では出品できないけど、中古の「ほぼ新品」で出品しても
利益が得られる商品が見つかることがあります。

 

その場合は、仕入れて「ほぼ新品」で出品しましょう。

 

中古品を扱う場合、コンディションによって価格帯が異なります。

 

展示品は未使用品なので、中古としては最も優れた状態である
「ほぼ新品」で出品して、利益を得ましょう。

 

未開封品で高利益を狙う



リサイクルショップなど中古品を扱うショップによっては、

未開封品も中古品として買い取る店舗があります。

 

その場合、買い取った商品が未開封品でも中古として
販売されるため、販売価格がやすい傾向にあります。

 

この未開封品を仕入れて、Amazonで新品で販売することで
高利益を得ることができます。

 

未開封品を新品で出品しよう


意外にも未開封品が、リサイクルショップに持ち込まれることが
多々あります。

 

買い取った商品は、リサイクルショップでは全て中古扱いになります。

 

そのため未開封品でありながら、中古相場価格で仕入れ可能です。

 

商品自体は未開封品なので、これを仕入れて、Amazonで新品として
販売することで高利益を得ることができます。

 

未開封品で高利益を得る


★CD・DVD・ゲームなどメディア系


CD・DVD・ゲームなどの中古ショップには、

未開封品が販売されていることがあります。

 

店舗によっては、未開封品を「未開封品」と記載している場合もありますが、
記載されていない場合もあります。

 

その場合、CD・DVD・ゲーム商品は、

 

「シュリンク」(商品を覆ってる透明のビニール)が
付いてるかどうか?


で、判断できます。

 

中古ショップによっては、キレイにビニールを貼り直している店舗もあるため
見分けがつきにくいですが、ヒモ状の開封部分が付いていれば、未開封品と判断できます。

 

中古価格で、未使用品を仕入れできるので、かなり利益が見込めます。

 

★家電全般


リサイクルショップには未開封品の家電が販売されていることがあります。

 

店舗によっては、値札に「未使用品」などと表示されている場合もあります。

 

表示してない場合、はじめからダンボールなどの外箱に入ってる商品は、
封テープが、はがされた跡がないか?で判断できます。

 

 

ただ、ほとんどのリサイクルショップでは、値札に未開封か未使用か中古かの
見分けがつくように表示されています。

 

その辺は検品をしっかりしている証拠ですので、安心して仕入れましょう。

 

以上、お伝えしたとおり、リサイクルショップでも未開封品や未使用品を販売しています。

 

その場合、中古価格で販売されていることが多いので、高利益を得やすいです。

 

そのためには、中古と未開封品の見分けができるようになっておきましょう。

 

店員を攻略して、仕入れを有利にしよう

 

「店員を攻略する」とは


せどりで利益を得るために「店員を攻略する」とは、

店員と信頼関係を築くことです。

 

つまり良好な人間関係にすることで、仕入れの協力者になってもらうのです。

 

店員が店側の立場のまま、仕入れに協力してくれれば、かなり有利です。
逆に店員と敵対関係になってしまうと、仕入れがやりにくくなります。

 

店員を攻略するには、どうするか


★店員と仲良くなる

 

店員も人間なので、話をすることでコミュニケーションを取ることが重要です。
話をして打ち解けていけば、お願いや交渉がしやすくなります。

 

ただ話をする上で、最初からせどりやビジネスの話をしてもダメです。
まずは日常会話や趣味や職業など、何でもいいので話しましょう。

 

そうすることで信頼関係を築くことが、最初のステップになります。

 

★売場責任者と話をしよう


価格などの交渉をする際には、必ず売場責任者と話をしましょう。

店舗によっては、店長やフロア長、リーダーなど呼び名は多数あります。

 

値下げなどの交渉の際に、権限のないアルバイト店員では、意味がありません。

 

売場にアルバイト店員しかいない場合、売場責任者を呼んでもらい、
話をすることが攻略ポイントになります。

 

★店員にメリットを提供する


商品を値下げしてもらうことは、仕入れする側のメリットしかありません。

なので店員やお店側にメリットがなければ、応じてくれません。

 

そこで、店員に自分に売るメリットを提供することが重要です。

 

例えば、商品を大量に買うことを強調します。
大量に売れば、店員や売場、店舗の販売実績になり、店員の評価に繋がります。

 

せどりと言えどもビジネスなので、お互いのメリットが合致しないといけません。

 

店員を攻略すると、高利益が得られる


★値引き交渉で安く購入

店員の攻略ができると、店頭価格から値引きしてもらいやすくなります。

 

せどりの基本は、「安く買うこと」です。

 

安く仕入れができれば、その差額分が利益になります。

 

また、ライバルと価格競争になってしまっても、安く仕入れてるので、
その分有利になります。

 

★大量仕入れ


店員を攻略することによって、1人1個限りの商品を複数販売してくれたりします。

 

本来1個しか仕入れできない商品を複数仕入れることによって、
仕入れの効率が向上します。

 

★取り置き、取り寄せ


店員さんにお願いしやすくなるので、商品の取り置きや取り寄せを

してもらいやすくなります。

 

そうすることで、ライバルには買えなくなりますし、
自分だけ後から確実に仕入れができます。

 

また系列店舗の在庫を調べてもらい、取り寄せもお願いしやすくなります。