初心者講座

せどりを始めよう!

まずはじめに、せどりとはどういったものか、

初心者の方にも分かりやすくご紹介していきますね!

 

「せどり」という言葉を辞典で調べると、せどり(競取り、糶取り)とは、

『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。』

と記されています。

 

もともとは古本が主流であり、古本屋さんで相場以下で仕入れてきて、
それを個人や他の古本屋に仕入れ値より高値で売ることでした。

そうすることによって、中間マージンが利益になったのです。

 

それが時代と共に変化していき、現在では新品や中古など様々なコンディションで
CDやおもちゃ、家電、化粧品や食品に至るまで幅広く取引されています。

 

「安く仕入れて利益を上乗せして高く売る」という

非常にシンプルな物販ビジネスなわけです!

 

最近では手軽に始められる副業として
サラリーマンや主婦の参入も多くなってきています。

 

サラリーマンや主婦の万の、お小遣い稼ぎもいれば
本業として取り組み、月に数百万の利益を出している方もおられます。

 

ご自分の目的の収入額や、生活スタイルに合わせてやっていけます。

このブログでは、様々な方法で仕入れた商品の紹介や
販売方法についてお伝えしていきます。

 

Amazonで効率的に稼ぐ

 

なぜAmazonでの販売なのか?

販売窓口として、Amazonが最適です。

 

他にも楽天やYahoo!ショッピング、またヤフオクやフリマアプリなど
いろいろな選択肢があります。

 

その中で、なぜAmazonが最も良いかというと、

他より利用者数が格段に多く、集客力も圧倒的だからです。

 

また商品を販売する際に、商品ごとの商品ページを作成する必要がなく、
専門知識は全く必要ありません。

 

Amazonの形式に沿って、価格とコンディションを設定するだけで出品できます。

 

そのため、販路としてAmazonをオススメします。

 

FBAを活用して効率化

Amazonには

 

【FBA】フルフィルメント by Amazon 

 

という画期的なサービスがあります。

 

これはAmazonが出品者に代わって受注と、商品を出荷を行なうサービスです。

 

出品者は商品をAmazonの倉庫(FBA)にまとめて納品し、
納品された商品をAmazon配送センターで保管してくれます。

そして購入者から注文が入ると、入金手続き後に商品を配送してくれます。

 

つまり、出品者が本来行なうべき、

在庫管理、注文確認、入金確認、購入者への配送、返品対応などを
すべて代行してくれます。

 

ただし、これらのサービスを受けるためには手数料が発生します。
その辺はご自身の販売数量などを考慮しましょう。

手数料を考慮しても、始めての物販には素晴らしいシステムです。

 

ぜひ活用してみてください。

 

仕入れ判断を確実に行なう

モノレートで仕入れ判断

商品を仕入れるかどうか、何個仕入れるのか判断する場合、

「モノレート」という、無料サイトを活用しましょう。

 

・モノレート ⇒ こちらからどうぞ!

 

 

モノレートは、Amazonランキングの推移や価格変動、
出品者増減、過去の販売実績などを分かりやすく表示しており、
該当商品のAmazonページへ直接リンクしています。

 

このモノレートを活用し、仕入れ対象の商品が

「利益が出ること」「売れること」を確信した上で仕入れるようにします。

 

仕入れ判断の流れ

利益が出るかどうか見極めるためには、Amazonで販売するときにかかる
販売手数料やFBA手数料などを把握する必要があります。

 

また、売れることを見極めるには、ランキング変動や出品者数増減などを
把握する必要があります。

これら全ては、モノレートから確認することができます。

 

仕入れ判断の流れは、次のとおりです。

 

①商品を特定する

↓ ↓

②モノレートで見込み利益を確認する

↓ ↓

③モノレートで商品のランキングを確認する

↓ ↓

④モノレートで最低出品価格の変動を確認する

↓ ↓

⑤モノレートでライバル出品者数の増減を確認する

↓ ↓

⑥モノレートで過去の販売実績を確認する

↓ ↓

⑦仕入れ可否を判断する

 

 

順序に沿って、正しく確認していけば確実に売れますし、
不良在庫を抱える不安はありません。

しっかり確認して、利益を出していきましょう。