【副業せどり】 Amazonの手数料について

Amazonで販売をするためには手数料がかかります。

 

当然、Amazonという看板を借りて商売をする以上、避けては通れません。

 

 

 

ですが、Amazonの手数料は商品や販売方法によって異なります。

 

今回はわかりにくいAmazonの販売手数料について解説します。

 

 

 

1.販売手数料について

 

私を含め、ほとんどのせどらーが

「Amazonマーケットプレイス」を利用して商品を販売しています。

 

 

 

私たち個人ではなかなか販売することができないものでも

Amazonという大きなプラットフォームを利用することで、

多くのお客さんの目に触れ、販売につながります。

 

 

 

その代償にAmazonに対して「手数料」を収めることで

私たちは販売する権利をもらえてAmazonには手数料が入る。

まさに「Win-Win」の関係が成り立ちます。

 

 

 

ただ、Amazonは突然規約が変更になったり、

今回紹介する手数料を始め、把握しきれない部分が多くあります。

 

 

 

長年Amazonで販売をしている方でもすべてを理解している方は

ほとんどいません。

 

ですが、Amazonで販売させてもらう以上、

この手数料は必要経費なので押さえておく必要があります。

 

 

 

販売手数料を考慮せずにしまい、仕入れて

経費が利益を打ち消してしまう、最悪の場合、赤字になってしまった。

というケースも多々あります。

 

そうならないためにもAmazonの出品&販売時にかかる手数料」

について、しっかりと理解を深めてください。

 

 

 

 

2.販売手数料を他プラットフォームと比較

 

Amazonの手数料について解説をする前に、

まず「AmazonFBAの手数料が高いのかどうか」を、

他プラットフォームとくらべて説明します。

 

 

 

Amazon以外の販路としては

楽天、ヤフーショッピング、メルカリ、ヤフオクなどがあります。

 

 

 

これらの販路と比べ、Amazonの手数料が一番高くなっていますが、

きちんとした理由があります。

 

それはAmazon独自の配送サービス

AmazonFBA」があるからです。

 

 

 

このサービスは端的に言うと

商品の管理&発送を自動化できるシステムです。

 

 

 

これにより、商品の管理や発送といった

面倒な作業をAmazonに代行委託することで

 

・自分は商品を仕入れる。

・指定通りに梱包してAmazonが管理する倉庫に送る。

 

あとは商品が注文されればAmazonが購入者に梱包、発送してくれます。

 

 

 

一度このサービスを利用すると

自分ですべて行う自己発送は余程のことがない限り

進んで取り組もうとは思えません。

 

 

 

ただ、全国に倉庫があり、それぞれ多くの従業員を抱えており、

コストがかかっています。

 

そのため、販売手数料が少々高く設定されています。

 

 

 

他のプラットフォームにはないサービスを受けられる以上、

この手数料に関しては目をつぶるしかありません。

 

それだけ質の高いサービスを受けられているわけですから。

 

 

 

では次に手数料の内訳について解説します。

手数料が高いかどうかは気にせず

手数料の内訳についてしっかりと理解していきましょう。

 

 

 

 

 

3.販売手数料の内訳

 

内訳については、細かく分かれています。

 

すべてを理解する必要はありませんが、頭の片隅に入れてください。

 

 

 

Amazon転売をしている人でさえ把握しきれていないので

初心者の方にとっては逃げ出したくなるかもしれません。

 

ただ、先ほども申し上げた通り、

利益が出ているつもりが、手数料の計算を間違えて、赤字になってしまう。

 

そんなケースもあるので、しっかりと読んでください。

 

 

3−1.大口出品と小口出品の違い

 

まずAmazonに商品を出品する際のプランとして、

 

・大口出品

・小口出品

 

という2つのプランがあり、プランごとに手数料が異なります。

 

 

 

・大口出品サービスの手数料について

 

大口出品サービスの料金プラン

 

月額利用料(4,900円+税)+販売手数料

 

 

Amazon大口出品サービスの料金プラン

大口出品サービスで発生する手数料は、

 

・月間登録料(月額固定費:4900円+税)

・販売手数料(注文成約時にのみ課金)

本・ミュージック・ビデオ・DVDは、別途 “カテゴリー成約料”

 

大きく分けてこの3つです。

 

 

 

メディア系の商品(本・ミュージック・ビデオ・DVD)を販売した時に

「カテゴリー成約料」という特殊な手数料が発生します。
 

 

・小口出品サービスの手数料について

 

小口出品サービスの料金プラン

 

基本成約料(1商品ごとに100円)+販売手数料

 

 

Amazon小口出品サービスの料金プラン

小口出品サービスで発生する手数料は、

 

・基本成約料(1商品成約ごとに100円)

・販売手数料(注文成約時にのみ課金)

・本・ミュージック・ビデオ・DVDは、別途 “カテゴリー成約料”

 

大きく分けてこの3つです。

 

商品が売れるたびに基本成約料がかかるため、

単純計算で月に50商品以上成約がある場合

大口出品の方がお得になります。

 

基本成約料とは小口出品サービスを利用している販売者のみに

請求される手数料です。大口出品者には関係ありません。

 

 

Amazon販売を始めたばかりの方は

小口出品の方がいいのではないかと感じるかもしれませんが、

販売すればするほど手数料が大きくなります。

 

 

 

単純に100商品販売すれば10,000円の基本成約料がかかります。

200商品販売すれば20,000円、300商品なら30,000円です。

 

 

 

ですが、大口出品であれば何回成約があろうと4,900円までです。

 

最初は抵抗があるかもしれませんが、Amazonで利益をあげるためには

最初から大口出品で出品することをオススメします。

 

 

 

 

 

3−2.販売手数料とは

 

販売手数料とは、Amazonで出品した商品が売れたときに

初めて発生する手数料です。出品するだけではかかりません。

 

 

この販売手数料ですが、商品のカテゴリによって手数料が変わります。

 

下の表が一覧になります。

 

 

 

ほとんどの手数料が「10~15%」ですが、

「8%」の手数料のカテゴリがあります。

 

手数料が8%のカテゴリは、

 

・エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)

・カメラ

・パソコン・周辺機器

・楽器

・大型家電

・ゲーム機本体

 

この6つのカテゴリです。
※TVゲームの手数料は15%ですが、

ゲーム機本体のみ手数料は8%になります。

 

 

 

 

 

3−3 カテゴリー成約料とは

 

カテゴリー成約料はメディア系(本・ミュージック・ビデオ・DVD)の商品を

販売した時のみかかる特殊な手数料です。

 

 

 

国内で販売した場合は以下の金額になります。

 

  • 書籍:80円
  • ミュージック:80円
  • DVD:140円
  • ビデオ(VHS):140円

 

1商品が売れるたびに、カテゴリーごとの成約料が発生します。

 

現在は販路を世界に広げることが簡単にできるので

画像のように各国の地域によってさらに成約料が変わっていきます。

 

 

 

これに関してはAmazonの設定画面で簡単に設定ができるので

詳しくはセラーページの問い合わせ一覧で確認して、

必要に応じて設定してください。

 

 

 

販売時に覚えておく手数料は以下の3つです。

 

・基本成約料

・販売手数料

・カテゴリー成約料

 

Amazonで商品を販売する場合は、

この3つの手数料のうちのどれかが必ず発生することになります。

 

 

 

 

 

4.FBA利用時の手数料

 

次にFBAを利用する場合の手数料について解説します。

 

 

 

FBAの利便性について簡単に説明すると、

在庫の保管・商品の梱包&発送などを、

全てAmazonが代行してくれるサービスになります。

 

 

 

また、売れ行きにも影響を与えるのがこのFBAサービスの肝になります。

 

どうして売れ行きも影響がでるのかも含めて

解説するので、FBA手数料とともにしっかりと理解を深めていきましょう。

 

 

 

4-1.FBA手数料 出荷作業手数料

 

FBAを利用する場合、仕入れた商品をAmazonの倉庫に預け、

お客様からの注文が入った場合、

Amazon倉庫内のスタッフが商品を梱包し、商品を発送してくれます。

 

 

 

その際、商品の出荷準備に伴う費用が出荷作業手数料です。

 

商品をお客様にお届けするためには専用の箱に梱包しなおしたり、

多くの商品がある中から該当の商品に問題がないか、

納品時のトラブル、配送時のトラブルはないかなど

事細かくチェックする必要があります。

 

この出荷作業に伴う手数料になります。

 

 

 

配送する際はまた別に手数料がかかりますが、

 

・販売した商品のカテゴリー(メディアか、メディア以外か)
・商品のサイズ(小型・標準・大型)
・販売価格が45000円以上の高額商品かどうか

 

によって、手数料が変化します。

 

 

 

 

 

4-2.FBA手数料 発送重量手数料とは

 

発送重量手数料とは「1発送あたりの重さによって発生する手数料」

と思いがちですが、実際のところは不明な点も多い手数料です。

 

 

 

というのも「小型サイズ:標準サイズ」の商品に関しては、

1発送ごとの重さによって手数料が変化するのですが、

発送重量手数料(小型)

 

重量が重い大型サイズに関しては、

発送重量手数料がなぜか「0円」に設定されています。

 

 

発送重量手数料(大型)

 

高額商品に関しても同様に発送重量手数料は「0円」です。

 

 

発送重量手数料(高額商品)

 

テクニカルサポートで確認しても

明確な答えはいただけないあたり、Amazon自体でも

すべての従業員が把握しているわけではなさそうです。

 

 

 

こういった不可解なことは販売をする上で

何度もでてきますが、都度つまずいてしまうのは時間の無駄です。

 

 

 

売り上げに大きく関わるようなことでない限り

わからないことはスルーして、概要だけ理解していれば十分です。

 

・小型サイズ、標準サイズは、重いものは手数料がかかる

・大型商品、高額商品は、発送重量手数料は0円

 

とだけ理解してください。

 

 

 

 

 

4-3.FBA手数料 在庫保管手数料とは

 

最後に、在庫保管手数料について解説をしていきます。

 

在庫保管手数料は、FBA倉庫へ納品した商品を、

Amazonが保管・管理するための手数料です。

この手数料は、商品のサイズと保管日数に応じて計算されます。

 

 

 

つまり、どんなに利益の大きな商品でも

売れるまでに1年以上かかる商品などは

保管手数料が積み上がってしまうため、結果的に赤字になります。

 

 

 

どれくらいのスパンで売りきりたいのかを明確にして

無駄な手数料がかからないように考えて仕入れる必要があります。

 

 

 

商品の正確なサイズがわからなければ計算することができません。

 

その場合はFBA料金シュミレーターを使って計算します。

 

 

 

FBA料金シミュレーターは計算を押すと

手数料がいくらかかるのかを表示してくれます。

 

 

ここにでてきた数字にカーソルを合わせると

月額保管料と配送代行手数料が表示されます。

 

 

 

このように、1か月で発生する保管手数料が表示されます。

画像の商品は1か月で5円の在庫保管手数料が発生します。

 

 

 

パッと見、それほど大きな手数料では無さそうに見えますが、

商品によっては500円近い手数料が毎月請求される商品もあります。

 

単純に利益が1,000円しかない場合、

売れるまでに2ヶ月以上かかると実質利益はなくなることになります。

 

 

 

特に大型の商品は、

在庫保管手数料の金額も高くなるので、注意してください。

 

 

 

 

 

4-4.FBAその他の手数料

 

 

・出荷作業手数料

・発送重量手数料

・在庫保管手数料

 

この3つは、FBAを利用して

Amazonで商品を販売する時に必要となる手数料です。

 

 

 

このほかにFBAその他の手数料が存在します。

イメージとしてはFBAを利用する際、

提供しているその他のサービスを利用すると発生する手数料です。

 

 

 

FBAのその他の手数料は、大きく分けて4つあります。

 

4-5.FBA在庫の返送・所有権の放棄 手数料

 

FBAに納品した在庫を手元に返送する。

または所有権を放棄して商品を破棄する時に発生する手数料です。

 

 

Amazonは商品受け取りから1ヶ月以内であれば

どのような理由でも返品を受け付けてくれます。

 

「商品が気に入らなかった」

 

といった理由でも返品を受け付けてくれるため、

他のプラットフォームにくらべて返品数が多くなります。

 

 

 

その際の返品先は販売者に直接ではなく、

Amazonが指定する倉庫に返品されます。

 

返品された商品に関しては一度販売者から離れた商品になるので

在庫ではない「販売不可」の状態になります。

 

 

 

この状態ではどうしようもないので、返送処理をして

改めて納品手続きをするか、破棄してもらう必要があります。

 

その際にかかってくる手数料になります。

 

 

画像をみてわかる通り、そこまで高い手数料ではありません。

 

返送してもらった場合、

最初から納品手続きをしないといけない手間を考えると

仕入れ値が安くて利益の小さい商品などは10〜21円をかけて

破棄してもらってもさほど影響がありません。

 

自身の資金や状況に応じて対応してください。

 

 

 

もしこの作業を怠って、倉庫内に販売不可の商品がずっとある状態の場合、

さきほど説明した「月額保管料」が発生してしまいます。

 

 

 

そのため、知らないうちに高額の保管料を請求されていた。

ということにもなりかねないので、定期的に在庫状況を確認してください。

 

 

 

 

4-6. 購入者返品手数料

 

ファッションカテゴリーに該当する商品

(服・ファッション小物、シューズ、バッグ類)を購入者が返品する際には、

「30日間返品送料無料」というルールがあります。

 

 

 

このルールを利用に該当する手数料が

「購入者返品作業手数料」および「購入者返品配送手数料」です。

 

 

 

 

 

4-7. 長期在庫保管手数料

 

FBAでは、毎年2月15日と8月15日に、

FBA倉庫で保管されている商品に対して、在庫一掃チェックを行います。

 

 

 

その時に、FBA倉庫での保管期間が

6か月以上経過している商品に関しては保管手数料が加算される

長期在庫保管手数料があります。

 

 

 

 

 

 

4-8. 納品不備受領作業手数料

 

FBA倉庫へ商品を納品する際に、Amazonのルール通りに納品しなければ

納品不備と判断され、商品の受領を拒否される場合があります。

 

 

 

納品不備の理由として多いものは、

 

・カッター・ハサミ・刃物などの危険物の混入

・商品ラベル・配送ラベルが、途中で切れたりにじんだりして読み込めない

・外装のダンボールが破損している

 

などがあります。

 

 

 

ただ、納品要件を満たしていない商品でも、

初回に限りなどの裁量で商品が受領されるケースがあります。

その時の作業を行った「手間賃」として請求されるのが

「納品不備受領作業手数料」です。

 

以下、納品不備受領手数料の一覧です。

 

 

ラベルの貼り間違い程度であれば、

Amazon側で対応してくれるケースが多いですが、

2回目以降の不備となるとそれなりの手数料を取られてしまうので、

納品不備が発生しないよう、商品を発送するようにしてください。

 

 

 

 

 

5.まとめ

 

Amazon手数料はケースによって変化したり、

突然の規約変更で大幅に変わることがあります。

 

 

 

すべてを把握することは、難しいとは思いますが、

セラーページにて都度確認することはできます。

 

 

 

今回の内容も含めて、セラーページにてしっかりと確認をして

手数料で利益が飛んでしまったということがないように気をつけましょう。

 

 

 

すぐに副業せどりを極めるなら!

 

副業はとにかく時間がありません。

 

なので、副業せどりをやるなら
「電脳リピートせどり」でなくてはいけません。

 

その中でも、

超高回転で売れキャッシュフロー抜群の
【ヘルビせどり】がオススメです。

 

 

超高回転で資金が積み上がっていく秘密を、
LINE@ご登録でプレゼントしています♪


【即月収10万円ヘルビマスターマニュアル】


がすぐに受け取れますので、ご登録くださいね!

 

副業せどり ヘルビせどり